クリニック案内|とわ動物病院|千葉県柏市、南柏駅西口から徒歩5分

〒277-0854
千葉県柏市豊町1-1-12 ケーズグレスト柏1階
04-7199-8562
ヘッダー画像

クリニック案内

クリニック案内|とわ動物病院|千葉県柏市、南柏駅西口から徒歩5分

医院概要

  • 医院名
    とわ動物病院
  • 住所
    〒277-0854 千葉県柏市豊町1-1-12 ケーズグレスト柏1階
  • お問い合わせ

    TEL.04-7199-8562

    夜間診療受付時間20:00~24:00となります。 LINEにて受け付けております。『夜間診療ページ』をご参照ください。

  • 診療科目
    動物病院
  • 診療時間

    診療時間

     
    09:00-12:00
    16:00-20:00

    休診日:年中無休(年末年始は別途対応)、土日祝も診療いたします。

    12:00-16:00は手術時間

外観

外観

駐車場3台分あります。

受付・待合スペース

受付・待合スペース

お気軽にお声がけください。
受付が済みましたら待合室でお待ち下さい。

第1診察室

第1診察室

青を基調とした、やや広めの診察室になっております。大型犬はこちらで診察いたします。

第2診察室

第2診察室

緑を基調とした診察室になっております。

第3診察室

第3診察室

ピンクを基調とした診察室になっております。

処置室

処置室

血液検査、血液生化学検査、尿検査、糞便検査などはこちらで行います。
調剤コーナーもこちらにあります。

処置室ER

処置室ER

注射や点滴の準備などはこちらで行います。
また、鎮静や手術前の全身麻酔前処置、手術の毛刈り、導入麻酔なども行います。
ICUもあり、救急対応できるスペースともなっております。

レントゲン室

レントゲン室

動物専用のデジタルレントゲン撮影装置を導入しております。
現像したデジタルレントゲン写真はそれぞれの診察室に転送されますので、一緒に見ながらご説明します。

オペ室

オペ室

安全に手術ができるよう、手術室には手術台、無影灯、吸入麻酔器、人工呼吸器、生体モニター、パルスオキシメーター、電気メス、滅菌器などを完備しております。
超音波検査もこちらで行います。

入院室

入院室

犬と猫それぞれでお部屋をご用意しております。
ペットホテルもご利用いただけます。

機器紹介

全自動血球計数器(セルタックMEK-6558)

全自動血球計数器(セルタックMEK-6558)

素早い動作で血液中の赤血球や白血球などが測定でき、貧血や脱水、炎症などの指標になり精密な検査へとつながります。自動で点検・清掃を行い、測定毎に検査部分の汚れを除去するので、常に清潔に正確な数値がわかります。

生化学自動分析装置(富士ドライケム NX700iV)

生化学自動分析装置(富士ドライケム NX700iV)

肝機能、腎機能や血糖値、血液中のミネラルのバランスを調べる医療機器です。
少量の血液での検査と素早い測定が可能なので、採血時のストレスや不安な待ち時間を短縮します。

顕微鏡(SHIMADZU Panthera E2)

顕微鏡(SHIMADZU Panthera E2)

細胞や微生物、寄生虫の観察を行います。
主に血液、尿、糞便、皮膚の検査に用います。

超音波診断装置(GE Healthcare   Venue Go)

超音波診断装置(GE Healthcare Venue Go)

心臓や腹部などをリアルタイムで検査することが出来る装置です。多くの病気の診断補助として無麻酔で検査することができ、お腹の中の腫瘍や消化管内の異物などの診断、心臓疾患の評価をすることができます。

レントゲン装置(SHIMADZU SXA-10S)

レントゲン装置(SHIMADZU SXA-10S)

患者さんへの負担を最小限に抑えた動物用X線診断装置です。簡単に体格・撮影部位にあった設定が可能で迅速に撮影を行うことができます。
また、当院では線量の強いものを導入しておりますので、大型犬にも対応できます。

デジタルX線画像診断システム(FCR PRIMA V)

デジタルX線画像診断システム(FCR PRIMA V)

撮影したレントゲン写真をデータ化する装置です。
フィルムのレントゲンと違い、時間がたっても画像が劣化しない、現像が短時間でできる、画像をデータとして管理できるなどの様々なメリットがあります。

動物用ICU (東京メニックス MENIOS COMPACT)

動物用ICU (東京メニックス MENIOS COMPACT)

動物用ICUです。酸素濃度はもちろん、温度・湿度を適切な疾患ごとに管理をできます。 手術後の動物や、心疾患・呼吸器疾患・低体温・熱中症などの動物の治療に使用します。2部屋あります。

オートクレーブ(MEDIPAL CLAVE MD-18)

オートクレーブ(MEDIPAL CLAVE MD-18)

手術器具などを滅菌するのに使用します。

自動分割分包機(クレステージ-ライト2)

自動分割分包機(クレステージ-ライト2)

分割した錠剤や、粉薬を分包して飼い主様にお渡しするために使用します。

動物用モニタ(日本光電 BSM-3592)

動物用モニタ(日本光電 BSM-3592)

血圧、心電図、血中酸素濃度等、様々な情報に対応しているため手術時にも正確なモニタリングが可能です。

LEDミリオンライト (LA-202)

LEDミリオンライト (LA-202)

手術時に患部や手元の影を作らず照らすことが出来ます。明るい照明ながら、無影灯(照明)からの熱による幹部の乾燥は少なくすみます。

ヘマトクリット遠心機(KUBOTA 3220)

ヘマトクリット遠心機(KUBOTA 3220)

血液中の赤血球の割合を調べるヘマトクリット検査等に用いられる遠心機です。

動物用歯科ユニット(エアーベッツ DC52)

動物用歯科ユニット(エアーベッツ DC52)

歯石を除去する超音波スケーラー、ポリッシング(研磨)に用いる低速ハンドピース、外科的抜歯の際に歯を分割したり歯槽骨を削ったりする高速ハンドピース、水や空気で洗浄する3wayシリンジ、液体などを吸い取るバキュームの5本が一体となったユニットです。
このユニットを導入することにより、歯石除去や抜歯にかかる時間が短縮され、結果的に動物さんへの麻酔時間や負担が少なくなります。

麻酔器・人工呼吸器(動物用人工呼吸器 メトラン COMPOS X)

麻酔器・人工呼吸器(動物用人工呼吸器 メトラン COMPOS X)

全身麻酔下での手術には欠かせない器械です。人工呼吸器を使用することにより換気量、回数などを設定することで安全に呼吸管理がおこなえます。

電気メス

電気メス

高周波の電気エネルギーを利用して切開を行いながら止血などを行うことが可能です。これを用いると手術時の出血を最小限に抑えることができ、患者の体にかかる負担が少なくて済みます。

輸液ポンプ(TOP-221V 動物用輸液ポンプ)

輸液ポンプ(TOP-221V 動物用輸液ポンプ)

入院や手術の時に点滴の量や速度をコントロールする機械です。
点滴液が無くなったり、点滴チューブに空気が入ったりすると自動で止まりアラームで知らせてくれます。

シリンジポンプ(TOP-551V 動物病院シリンジポンプ)

シリンジポンプ(TOP-551V 動物病院シリンジポンプ)

抗がん剤投与や小さな動物達への微量な点滴の際に使用する自動点滴器です。

幅広い決済手段に対応

クレジットカード・デビットカード

千葉銀行扱い

クレジットカード・デビットカード(千葉銀行扱い)

ちばぎんJCB等扱い

クレジットカード・デビットカード(ちばぎんJCB等扱い)

QRコード

千葉銀行扱い

QRコード(千葉銀行扱い)

ちばぎんJCB等扱い

なし

※各種ペット保険のお取り扱いがございます(アニコム・アイペット)
※QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

インスタグラム
Top